Sipka(シプカ)は「すべてのものには物語がある」をコンセプトに
身につける人が物語を感じるような アクセサリーをセレクトしたショップです。
作家が作品に込めた想いは ギャラリーのような店内で丁寧に紐解かれ、
手に取った人が自由な発想で装う事で 「物語」となり循環してゆきます。
作り手が託した幾つもの物語とともに、不思議なアクセサリーとの出会いがあなたを待っています。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.02.15 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「 SMUGGLERS 」

    0
      JUGEMテーマ:個展 

       







      " 神秘的で、幻想的。秘密めいていて、奇妙で、




      謎めいていて、意味深で。。。




      なにやら少し怪しい魅力をもったジュエリーたちを名古屋に密輸  "













      「 私のまわりには心地よく秘密めいた、そして魅力的な人間がいる。





      そしてその人間たちは自分自身と深く向き合いながら





      自己をジュエリーとして表現している。





      ただ、きらびやかに飾るのではなく、その意味、その哲学を身につけるもの。





      時にシリアスで意味深、時にコミカルでカラフルな見かけに騙されながら、





      そのジュエリーの真意を手に入れて欲しい。」





      “ smugglers "(スマグラーズ=密輸団)






      まだあなたの知らないジュエリーのコレクションを、Sipkaに運ぼうと思う。





      smugglers代表:尾崎武秀







      smugglers are . .




      尾崎武秀(主催)


      影山公章


      Otto Künzli


      小西潤


      濱田大志


      樫原恵子


      盒恐騨


      盒恭里香


      嶺脇美貴子



      全9名














      TAKEHIDE OZAKI presents  「 SMUGGLERS 」





      2012年9月5日(水)〜9月30日(日)





      愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F





      大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分











      juju × CUTICURA Exhibition「擬態と寄生」

      0
        JUGEMテーマ:個展

         





        8月1日より juju × CUTICURA co-Exhibition 「擬態と寄生」開催中です。





        生物の生存戦略の中でも、最も異様で美しい「擬態」と「寄生」をテーマにした





        アクセサリーブランド juju(ジュジュ)と画家・斧原由季による





        コラボレーションの展示となる今展示は、浮遊感を感じさせる不可思議な





        展示空間に、昆虫や植物、臓器などをモチーフにした絵画や立体作品





        jujuデザイナーによる樹脂を用いた新ライン「Re;duo(リ・デュオ)も展示・販売しています。















        アクセサリーと絵画の「擬態」と「寄生」





        2人の女性作家による生命の宿る美しい世界にぜひ足をお運びください。















        「 擬態と寄生 」  juju × CUTICURA co - Exhibition 




        2012年8月1日(水) 〜 9月2日(日)




        愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F




        大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分






        「 擬態と寄生 」

        0
          「擬態と寄生」








          擬態と寄生は生物の生存戦略の中でも、最も異様で美しい。





          特徴を言い換えれば 真似ること、融合すること。




          崇拝することと、侵入すること。




          姿を借りることと、そこに宿ること。





          巧みな変装、有無を言わさぬ変質。





          他の生命から狡猾に生きる術を学ぶこと、こっそりと生命力を盗むこと。















          アクセサリーブランド juju(ジュジュ)と画家・斧原由季によるコラボレーション展を行います。





          斧原由季の絵画とjujuのアクセサリーが共存する不可思議な展示空間に





          昆虫や植物、臓器などをモチーフにしたCUTICURAの新作ステーショナリーや





          jujuデザイナーによる樹脂を用いた新ラインRe;duo(リ・デュオ)のアクセサリーが並びます。











          アクセサリー作家と絵画の「擬態」と「寄生」





          2人の女性作家による生命の宿る美しい世界にぜひ足をお運びください。















          「 擬態と寄生 」  juju × CUTICURA co - Exhibition 




          2012年8月1日(水) 〜 9月2日(日)




          愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F




          大須観音駅 1.2番出口より徒歩5分












          From The Wonderland

          0
             JUGEMテーマ:個展 JUGEMテーマ:ガラス工芸・ガラス作品など











            ガラスというマテリアルが纏う緊張感の理由は




            ただ壊れやすいから、というだけだからだろうか。




            その脆さは生命の柔らかさと結びつきながら、活き活きとした躍動を奏でることができる。




            猪野屋牧子の作品の魅力はその両義性から来る。







            作家の手によって、静謐と躍動、美しさとグロテスクさとが並び立つのだ。




            とはいえ、それは在りえない非現実性、地に足のつかない幻想から想を得たものではない。




            ひとりの作家の生身の感性が日々の中から拾い上げていったものばかりなのである。




            また、ガラスと向き合う作家は、創造性が技術の研鑽の延長線上にしかないことを知っている。








            それは、あざといトリックや錯覚が消えた場所、ありとあらゆる魔法が解けた先、





            そこに不思議の国は在る。















            パイレックスと呼ばれる耐熱硬質ガラスを用いて生み出される猪野屋牧子の作品たち。





            無機質なガラスは、作家の手によって有機的で美しいジュエリーへと姿を変えます。









            「From The Wonderland」と題された本展示は、





            リングやネックレス、ピアスなどのアクセサリーを始め、





            オブジェのようなアートジュエリー、また、ガラスペンや小物入れなど、





            ガラスという素材が持つ無限の可能性を感じさせるような作品の数々を展示・販売致します。




















            猪野屋牧子個展     From The Wonderland 




            2012年6月27日(水)〜7月29(日)



            愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F




            ※大須観音駅1.2番出口より徒歩5分













            猪野屋牧子個展 「 From The Wonderland 」

            0
               JUGEMテーマ:個展








              ガラスというマテリアルが纏う緊張感の理由は




              ただ壊れやすいから、というだけだからだろうか。




              その脆さは生命の柔らかさと結びつきながら、活き活きとした躍動を奏でることができる。




              猪野屋牧子の作品の魅力はその両義性から来る。







              作家の手によって、静謐と躍動、美しさとグロテスクさとが並び立つのだ。




              とはいえ、それは在りえない非現実性、地に足のつかない幻想から想を得たものではない。




              ひとりの作家の生身の感性が日々の中から拾い上げていったものばかりなのである。




              また、ガラスと向き合う作家は、創造性が技術の研鑽の延長線上にしかないことを知っている。






              それは、あざといトリックや錯覚が消えた場所、ありとあらゆる魔法が解けた先、





              そこに不思議の国は在る。











              パイレックスと呼ばれる耐熱硬質ガラスを用いて生み出される猪野屋牧子の作品たち。





              無機質なガラスは、作家の手によって有機的で美しいジュエリーへと姿を変えます。







              「From The Wonderland」と題された本展示は、





              リングやネックレス、ピアスなどのアクセサリーを始め、





              オブジェのようなアートジュエリー、また、ガラスペンや小物入れなど、





              ガラスという素材が持つ無限の可能性を感じさせるような作品の数々を展示・販売致します。













              猪野屋牧子個展     From The Wonderland 




              2012年6月27日(水)〜7月29(日)



              愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F




              ※大須観音駅1.2番出口より徒歩5分








              Acryl Portrait

              0
                JUGEMテーマ:Tシャツ  JUGEMテーマ:個展


                 





                うすっぺらな表面にこそ、




                奥行きが、手触りが、つまるところリアリティと呼ばれるものが宿る。




                凹凸や質感といった多様なテクスチャーを布という繊維に定着させるため




                市川大輔が選ぶ方法は多岐にわたる。






                ドローイング、ドロッピング、ハンドペインティング、ラバーコーティング、




                染色、褪色、ブリーチング、研磨、破損、スラッシング。




                顔が個人を認証するためのIDではないように、




                肖像画とは、たんに人物の表情を二次元上になぞった画像ではない。




                それは匂いも温度もあるもうひとつの世界だ。








                Acryl-Portraitは、




                だから、廃油と鉄錆の匂いを化粧した、




                だから、蝶の燐粉、花弁に滴る蜜を仮粧した、




                ――変貌止まぬ面差し




                振り向きざま、あなたはその視線の過酷な冷熱に晒される。







                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








                アクセサリーショップSipka(シプカ)において、デザイナー市川大輔によるTシャツ展を行います。




                独自の加工を施したオリジナルTシャツの数々に加え、




                古書の挿絵さながらの繊細なタッチで描くイラストレーター・




                KENGO・MORIIとのコラボレーションTシャツも展示・販売。




                会期中デザイナーの来店日も予定しております。




                是非足をお運び下さい。













                Daisuke Ichikawa  presents   Acryl Portrait




                2012年 5月23日(水)〜 6月24日(日)




                愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F





                ※大須観音駅1.2番出口より徒歩5分







                星をはこんだ猫

                0
                  JUGEMテーマ:個展 JUGEMテーマ:猫色々 JUGEMテーマ:ハンドメイドアクセサリー


                   







                  ホアシユウスケ個展「星をはこんだ猫」、今月25日より好評開催中です。



                  誰もが持つ夢を星に喩え、主人公である星を運ぶ猫『クロズム』が



                  旅する物語の場面場面をアクセサリーで表現、



                  個性的な猫たちのアクセサリーを展示・販売中です。






                  また会期中、5月5日(土)は作家・ホアシユウスケが


                  Sipkaに在店致します。



                  お時間ございましたら是非ご来店下さい。












                  HOASHI YUSUKE Exhibition 「星を運んだ猫」



                  2012年 4月25日(水)〜5月20日(日)




                  愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F



                  ※大須観音駅1.2番出口より徒歩5分









                  ホアシユウスケ個展 「 星をはこんだ猫 」

                  0
                     




                    「 星をはこんだ猫 」






                    沢山の夢と沢山のあるものを袋に詰めて歩き出した猫



                    ぴょんぴょんはねながら



                    どこにだっていける、なんだってできる







                    歩いていたら花が咲いていたから袋に入れた



                    歩いていたら誰か捨てた何かが落ちてたから袋に入れた






                    夜になって悲しくなって涙がでてきました。



                    一緒にそらも泣いてくれたので、水たまりが出来ました。



                    そこに星が映ったので拾って袋にいれました。








                    泣いている人が沢山いた。悲しい事をもっているようだった。



                    重たそうだったので少し鞄にいれて運んであげた。



                    代わりに拾った星を一つあげました。







                    歩いて行くと街にきました



                    街は明るくて目印の星が見えなくなりました



                    ある人がこんな明るい街にも綺麗な星空を見せてあげたいって



                    頑張って星空を作ってた



                    持ってた星を全部あげました



                    神様がつくった星じゃないけど、とてもきれいだった








                    ずっと歩いて行くと



                    夜の街に来ました。



                    星が沢山ありすぎて僕の赤い星がどれかわからなくなりました。



                    街の中を歩いてたらカラスがいました



                    なぜ君は黒いの?



                    ドレスコートが黒だから。主役より目立ったらいけないよ。



                    猫も黒くなりました。



                    鞄の中の花をからす半分あげました。



                    一緒に主役の星空にあとから渡しに行こうと思った。














                    花と動物をモチーフに、日々の生活で感じたこと、見たこと、思ったことを



                    アクセサリーという最小のアートで表現するホアシユウスケ。



                    淡い色合いで表現される動物たちには自然を見つめるデザイナーの優しい感性が表れています。



                    「星を運んだ猫」と題された本展示は、誰もが持つ夢を、星に喩え、



                    星を運ぶ猫が旅する物語の場面場面をアクセサリーで表現、



                    猫モチーフのアクセサリーを展示、販売致します。










                    HOASHI YUSUKE Exhibition 「星を運んだ猫」



                    2012年 4月25日(水)〜5月20日(日)




                    愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F



                    ※大須観音駅1.2番出口より徒歩5分











                    あの暗やみのさき ~ the place beyond the dark

                    0
                       





                      手のひらのクルミ



                      右目の奥で



                      白い貝がわれる音







                      あの子の心臓や



                      うすい肺



                      背骨をひとつ



                      ポケットにしまう







                      静かに波にあらわれて



                      まるくまるく



                      小さくなる



                      静かに波にさらわれて



                      魚のお腹のなかへ



                      遠くで祈るひとたちの



                      血になって



                      肉になって



                      もう一度



                      手のひらに のせるとき



                      どんな美しい色をして輝くのか








                      いつか



                      あの暗やみのさきで











                      フクムラユキ個展    


                      「 あの暗やみのさき    the place beyond the dark 」


                      2012年3月20日(火)〜4月23日(月)


                      愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F


                      ※大須観音駅1.2番出口より徒歩5分







                      フクムラユキ個展 「 あの暗やみのさき 」

                      0
                         







                        小さな少女だった頃の記憶。


                        川原で見つけた犬の死骸。


                        やがて乾いた白い骨だけになった。








                        子供用の学習机の中に隠された小さな箱と


                        その中に仕舞われた小さな白いかけら。


                        夢想された個人的でささやかな祭壇で


                        目を瞑り、祈っていた。










                        祈るものと祈られるもの


                        仕舞うものと仕舞われるもの


                        それらはひっくり返ったりひとつになったりしながら、


                        ぐるぐると廻っている。










                        暗やみのなかに滲んでいるはずの美しい色と


                        暗やみのむこうにある小さな灯りのことを思う。


                        小さな、個人的な神様のために、


                        ささやかな祭壇のある部屋を作りたい。














                        淡い色彩により、少女の見る夢のような儚げな世界を描き出す作家


                        フクムラユキによる作品展を行います。


                        平面作品を中心に木彫りの立体や牛の頭骨に描かれた作品なども展示・販売。


                        会期中のライヴペイントなども予定しております。


                        是非ご観覧下さい。










                        フクムラユキ個展    


                        「 あの暗やみのさき    the place beyond the dark 」


                        2012年3月20日(火)〜4月23日(月)


                        愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F


                        ※大須観音駅1.2番出口より徒歩5分




















                        << | 2/5PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        282930    
                        << April 2019 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        links

                        Sipka -シプカ-

                        西川弘次

                        〒460-0011
                        愛知県名古屋市中区大須二丁目14番地3号エビスビル2F
                        Tel / Fax 052-231-7774

                        e-mail:info@sipka.jp

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM